Meta EARTH

Meta EARTH
メタアース構想

2030年の理想の世界

Meta EARTH(メタアース)は、SDGsに掲げられた世界共通の17のゴール、169のターゲットをすべて達成した2030年の地球をパラレルワールドとしてメタバースに表現しています。現在の地球に欠けているものを補完し、貧困・差別問題などを解決。全ての人が安全で平等に活動できる理想の世界を構成します。

Meta EARTH
メタアース構想

2030年の理想の世界

Meta EARTH(メタアース)は、SDGsに掲げられた世界共通の17のゴール、169のターゲットをすべて達成した2030年の地球をパラレルワールドとしてメタバースに表現しています。現在の地球に欠けているものを補完し、貧困・差別問題などを解決。全ての人が安全で平等に活動できる理想の世界を構成します。

Hexa World
Meta EARTHとは?
Meta EARTHは、六角形のメタバース(ヘキサルーム)で繋がって構成されます。
ヘキサルームは、地域・趣味・環境問題・差別問題など1つずつあらゆるテーマを持ったコミュニティが存在します。

コミュニティ形成
Communities

「ヘキサルーム」は1つ1つがテーマに沿ったコミュニティやエリアで構成。これら1つ1つの課題解決がMeta EARTHを成し、皆で作る非中央集権型の理想の地球となります。

「ヘキサルーム」は1つ1つがテーマに沿ったコミュニティやエリアで構成。これら1つ1つの課題解決がMeta EARTHを成し、皆で作る非中央集権型の理想の地球となります。

メタIDによる活動体識別
Meta-ID

現実社会を氏名で識別するように、Meta EARTHでは「Meta ID」を使ってユーザーを識別します。Meta IDはDID(Decentralized Identifier)の考えに基づき設計。Meta EARTHで行った地球貢献活動や慈善運動の履歴が全てMeta IDに記録され、メタバースにおける個人の信用スコアを可視化が可能となります。

現実社会を氏名で識別するように、Meta EARTHでは「Meta ID」を使ってユーザーを識別します。Meta IDはDID(Decentralized Identifier)の考えに基づき設計。Meta EARTHで行った地球貢献活動や慈善運動の履歴が全てMeta IDに記録され、メタバースにおける個人の信用スコアを可視化が可能となります。

MetafrontierのMeta EARTHへの想い

 
SDGs17個の目標がすべて達成された2030年の地球とはいったいどのような地球でしょうか?その前に、17個すべてに対し真剣に向き合ったことのある人はいったいどれくらいいるでしょうか?

 

2015年9月の国連サミットにて全会一致で採択された持続可能な開発のための2030アジェンダによると、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の国際目標(その下に、169のターゲット、232の指標が決められている)が定められています。

 
昨今、SDGsの知名度は大幅に上がってきています。しかし、一般的にSDGsとは、環境問題や貧困、医療、教育などに目を向けられることが多いのではないでしょうか?
これらどれか一つが欠けてもいけませんし、記されていない問題もまだまだあるかもしれません。

 
Meta EARTHは、この17個のすべてが実現した2030年の地球を現在にメタバースで創り出し、SDGs達成に向けて、あるいは人類や地球の平和な未来のために活動する企業や団体、国や自治体、グループや個人がヘキサルームを通じてその活動を広め、更にはその応援や活動参加も可能にする大規模な思考実験のパラレルワールドなのです。

 
メタバースという仮想空間だからこそ実現可能なもう一つの地球を表現することで、多くの人に守るべき地球と平和のイメージを共有し、ジョン・レノンの有名な歌「イマジン」のように、想像してごらんと問いかける。想像を生み出すための創造空間を生み出すということなのです。人は長い歴史の中でイメージできるものを現実のものとしてきました。地球の裏側で起こっている映像を生で見たいと思ってテレビができました。世界中の同じ趣味の友達とおしゃべりしたいと、インターネットやSNSができました。私たちが今当たり前だと思っていることは、すべて先人たちが想像して創り出してきたものたちです。

 
ですから私たちは問いかけます。

MetafrontierのMeta EARTHへの想い

 
SDGs17個の目標がすべて達成された2030年の地球とはいったいどのような地球でしょうか?その前に、17個すべてに対し真剣に向き合ったことのある人はいったいどれくらいいるでしょうか?

 

2015年9月の国連サミットにて全会一致で採択された持続可能な開発のための2030アジェンダによると、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の国際目標(その下に、169のターゲット、232の指標が決められている)が定められています。

 
昨今、SDGsの知名度は大幅に上がってきています。しかし、一般的にSDGsとは、環境問題や貧困、医療、教育などに目を向けられることが多いのではないでしょうか?
これらどれか一つが欠けてもいけませんし、記されていない問題もまだまだあるかもしれません。

 
Meta EARTHは、この17個のすべてが実現した2030年の地球を現在にメタバースで創り出し、SDGs達成に向けて、あるいは人類や地球の平和な未来のために活動する企業や団体、国や自治体、グループや個人がヘキサルームを通じてその活動を広め、更にはその応援や活動参加も可能にする大規模な思考実験のパラレルワールドなのです。

 
メタバースという仮想空間だからこそ実現可能なもう一つの地球を表現することで、多くの人に守るべき地球と平和のイメージを共有し、ジョン・レノンの有名な歌「イマジン」のように、想像してごらんと問いかける。想像を生み出すための創造空間を生み出すということなのです。人は長い歴史の中でイメージできるものを現実のものとしてきました。地球の裏側で起こっている映像を生で見たいと思ってテレビができました。世界中の同じ趣味の友達とおしゃべりしたいと、インターネットやSNSができました。私たちが今当たり前だと思っていることは、すべて先人たちが想像して創り出してきたものたちです。

 
ですから私たちは問いかけます。

「2030年にSDGsをすべて達成している地球に住みたいですか?住みたくないですか?」

 
—答えは2つに1つです。
地球を傷つけてきた私たちは、目覚めなくてはなりません。
SDGs それは2030年までに傷つけてきた地球にどれだけお返しができるのか?
私たち人類すべてに課された大きな課題です。

 
まずは2030年のサスティナブルな開発ゴールを必ずや達成するのだと日夜努力を続けるたくさんの人たちを応援したい。知ってもらいたい。あなたができることは何か、一つでもいいから見つけて行動してほしい。

 
そのような思いでMeta EARTHプロジェクトは動いています。
住みたいと思った方は、Meta EARTHにご参加ください。
あなたのためのヘキサルームをご用意してお待ちしています。

「2030年にSDGsをすべて達成している地球に住みたいですか?住みたくないですか?」

 
—答えは2つに1つです。
地球を傷つけてきた私たちは、目覚めなくてはなりません。
SDGs それは2030年までに傷つけてきた地球にどれだけお返しができるのか?
私たち人類すべてに課された大きな課題です。

 
まずは2030年のサスティナブルな開発ゴールを必ずや達成するのだと日夜努力を続けるたくさんの人たちを応援したい。知ってもらいたい。あなたができることは何か、一つでもいいから見つけて行動してほしい。

 
そのような思いでMeta EARTHプロジェクトは動いています。
住みたいと思った方は、Meta EARTHにご参加ください。
あなたのためのヘキサルームをご用意してお待ちしています。